MENU

auひかり→ドコモ光へ乗り換え!注意点は?

 

auひかり→ドコモ光へ乗り換えを検討しているあなたへ!

 

注意点を徹底解説いたします!

 

撤去工事は?

 

マンションタイプは機器をそのまま返品すればOKです。

 

戸建タイプは、KDDIの光回線をどうしたらいいか?
迷われているかもしれません。

 

結論から言うと、”残しておきましょう”

 

※撤去すると1万円くらい撤去工事費用がかかります。

 

残しておいても、差しさわりはありませんし、将来、もしauに戻ったときに、工事作業が楽になるからです。

 

違約金は?

 

auひかりの工事料金は、スマホの切り替えと似ていて、
毎月-1250円など割引が適用になっています。

 

ですが、戸建は30か月、マンションは24か月使わないと、工事費用の残金の請求がきます。

 

また2年更新のため。それ以外の月の解約は9500円かかります。

 

転用はできません!!

 

「え?転用ってできないの?」

 

転用とは、NTTサービスの”言葉”でフレッツ光→ドコモ光への乗り換えのことを指します。

 

ドコモ光へ乗り換える場合は、新規の工事が必要となります。

 

電話番号は?

 

固定電話(※NTT発行の電話番号)であれば、引継ぎ可能です。

 

ですが、KDDIが新規で発行したauひかり電話番号の場合は、ドコモ光へ引きつぎができません。

 

キャッシュバックはイマイチです(汗)

 

ソフトバンク光などは、”他社からの乗り換えは全額違約金負担”などをしていますが、ドコモ光はどうした負担サービスがないです。

 

また、キャッシュバックは5,000〜10,000円とイマイチ(汗)

 

 

ドコモユーザーならオトク!

 

唯一の希望は、ドコモスマホとのセット割りです。

 

※ドコモユーザーの家族が多いほど割引が有利になります

 

 

ドコモ光で申し込むならどのプロバイダーがいい?

 

GMO とくとくBB

 

  • キャッシュバック10,000円
  • 15000円相当のWi−Fiルーター

 

キャッシュバックは新規:5,000円 転用:10,000円です。

 

「あれ?逆じゃないの?」と思われがちですが、おそらくとくとくBBは新しいユーザーを囲いたいため、転用のほうを高く設定しているのかと、思われます。

 

※転用は、工事が不要なため

 

最強のポイントは速度!

 

GMOとくとくBBの最大の強みは超高速!

 

「プロバイダーで速度って変わるの?」と疑問に思うかもしれませんが、ズバリ!異なります(汗)

 

※その証拠に公式サイトに通信速度データを公表しています。

 

  • オンラインゲームで途切れて仕方がない!
  • 動画がカクカクする
  • ダウンロードが遅い!

 

パソコンなどを交換しても、ネットスピードに変化がないのあれば、ドコモ光&GMOとくとくBBは最適です!