MENU

auひかり→ドコモ光へ乗り換え!注意点は?

 

auひかり→ドコモ光へ乗り換えを検討しているあなたへ!

 

注意点を徹底解説いたします!

 

撤去工事は?

 

マンションタイプは機器をそのまま返品すればOKです。

 

戸建タイプは、KDDIの光回線をどうしたらいいか?
迷われているかもしれません。

 

結論から言うと、”残しておきましょう”

 

※撤去すると1万円くらい撤去工事費用がかかります。

 

残しておいても、差しさわりはありませんし、将来、もしauに戻ったときに、工事作業が楽になるからです。

 

違約金は?

 

auひかりの工事料金は、スマホの切り替えと似ていて、
毎月-1250円など割引が適用になっています。

 

ですが、戸建は30か月、マンションは24か月使わないと、工事費用の残金の請求がきます。

 

また2年更新のため。それ以外の月の解約は9500円かかります。

 

転用はできません!!

 

「え?転用ってできないの?」

 

転用とは、NTTサービスの”言葉”でフレッツ光→ドコモ光への乗り換えのことを指します。

 

ドコモ光へ乗り換える場合は、新規の工事が必要となります。

 

電話番号は?

 

固定電話(※NTT発行の電話番号)であれば、引継ぎ可能です。

 

ですが、KDDIが新規で発行したauひかり電話番号の場合は、ドコモ光へ引きつぎができません。

 

キャッシュバックはイマイチです(汗)

 

ソフトバンク光などは、”他社からの乗り換えは全額違約金負担”などをしていますが、ドコモ光はどうした負担サービスがないです。

 

また、キャッシュバックは5,000〜10,000円とイマイチ(汗)

 

 

ドコモユーザーならオトク!

 

唯一の希望は、ドコモスマホとのセット割りです。

 

※ドコモユーザーの家族が多いほど割引が有利になります

 

 

ドコモ光で申し込むならどのプロバイダーがいい?

 

ドコモ光を紹介する人

 

 

GMO とくとくBB

 



 

 

  • キャッシュバック10,000円
  • 15000円相当のWi−Fiルーター

 

キャッシュバックは新規:5,000円 転用:10,000円です。

 

「あれ?逆じゃないの?」と思われがちですが、おそらくとくとくBBは新しいユーザーを囲いたいため、転用のほうを高く設定しているのかと、思われます。

 

※転用は、工事が不要なため

 

最強のポイントは速度!

 

GMOとくとくBBの最大の強みは超高速!

 

「プロバイダーで速度って変わるの?」と疑問に思うかもしれませんが、ズバリ!異なります(汗)

 

※その証拠に公式サイトに通信速度データを公表しています。

 

  • オンラインゲームで途切れて仕方がない!
  • 動画がカクカクする
  • ダウンロードが遅い!

 

パソコンなどを交換しても、ネットスピードに変化がないのあれば、ドコモ光&GMOとくとくBBは最適です!

 

 

IPv6対応!高性能無線Wi-Fiルーターが0円で使える!【GMOとくとくBBのドコモ光】

 

人気の光回線の特色とは?

 

ネット回線を解説する人

 

 

 

auひかりの特徴を解説!

 

auひかり回線はホームタイプ(一戸建て)とマンションタイプがありますが2階建てまではマンションやアパートでも一戸建て用になります。工事のやり方は簡単で一戸建ての場合外の電話線から引き込みます。戸建ての回線は独立したものを使いマンションタイプは一つの機械に通し各戸にシェアします。ですので、戸建ては専用回線なので少し料金が高くなります。普通の契約は速度が1000メガつまり1ギガですが、マンションやアパートでは契約したような速度は出ません。特徴としてはテレビ、電話回線を契約しても別に使うことは自由で固定電話を設置する必要はありません。そのあと戸内の電話線につないで黒い機械のONUに通してそれから白い機械の(ホームゲートウエイ)につなぎこれから電話やテレビ、パソコンに配線が分かれます。当たり前のことですがauひかりを契約していてもパソコンは1台だけでなく2台に増やしても料金はかわりませんが特徴としてパソコンやスマートフォンの台数は10台までならWi-Fiが利用できることができます。もちろん無線の契約をしていても有線で使うことは自由なのですが無線より有線の速度の方が早くなります。またauひかりはSO-NETが利用できます。地方のケーブルテレビより毎月の利用料が1000円くらいは安くなります。利点は故障したら無料でONUやホームゲートウェイを変えてもらえます。

 

 

 

 

ドコモ光の特徴を解説!

 

光ファイバーを使用した高速通信サービスを提供しているのがドコモ光です。NTTドコモの行っているサービスの1つでスマートフォンと携帯電話をセットにしてドコモ光パックと呼ばれるものを開始しています。従来まで別料金だった光ファイバーの利用料金と携帯料金をワンパックしているものなので使い勝手が良いです。
特徴は最大1GBPSの高速固定回線を利用することができるので、遅延なしに動画閲覧をすることができます。単独型のものなら戸建向けの料金は2年定期契約で5000円、集合住宅向けなら3800円です。ISP料金一体型ならタイプAが5200円で集合住宅向けは4000円となっています。BタイプはAタイプに比べると200円ほど料金が増しているのが特徴です。
特におすすめなのがドコモ光パックでネット料金とスマホ料金をまとめると毎年最大38400円も割引をしてくれます。毎月にすると最大3200円なのでランニングコストを安く抑えて品質の高い通信を行いたい人に良いでしょう。
4年以上ドコモを利用した場合はずっとドコモ割が適用されます。これにより毎年最大30000円割引が適用されるので必見です。Dカードゴールドに加入することで毎月dポイントを10%還元してくれるのも特徴です。

 

 

ネット回線のよくあるQ&A

 

新規と転用の違い

 

ネット回線の新規と転用の違いは、新規に工事を実施するか既設の設備を転用するかの違いです。

 

ネット回線の新規とは、これまで一切ネット回線を利用した事のない物件に初めて設備を導入するケースを指します。

 

例えば光ファイバーのサービスであれば以下のような工事が実施されます。

 

まず外壁に光ローゼットを設置し電柱からの光ファイバーケーブルを接続します。

 

光ローゼットから屋内への光ケーブルの引き込みは、多くの場合既設の電話回線やエアコンの配管を通す穴が利用されますが、それらの穴が無い物件や立地条件から適切な位置では無い場合は新規に光ファイバーケーブル専用の穴を開けることもあります。

 

つづいてホームゲートウェイを設置する部屋に光コンセントを設置し、最後にすべての機器をケーブルで接続してから開通手続きが行われるところまでが通信事業者が実施する新規の工事です。

 

ネット回線の転用とは、既に敷設されている設備を利用して他のサービスに転用する事を指します。

 

例えばフレッツ光の光ファイバーを導入済みで、現在契約しているプロバイダを解約し他のフレッツ光対応のプロバイダと契約すれば、
既に敷設されている光ファイバーケーブルやホームゲートウェイ等の機器をそのまま転用し、ブロードバンドルーターの設定を新しいプロバイダの設定に変更するだけで利用できます。

 

 

auひかりを解約する場合の注意点

 

契約する時は簡単ですが、解約になると突然複雑になって混乱してしまうものです。

 

auひかりを解約する時の注意点としては、違約金が発生する場合があること、工事費の残債、解約月の利用料金の3点です。

 

auひかりのプランは基本的に3年または2年で自動更新になっているので、更新月以外で解約すると契約解除金として、3年プランは15000円、2年プランは9500円が必要になります。

 

ただし、違約金が発生するのはホームタイプのみで、マンションタイプの場合は違約金は発生しません。

 

また、auひかりは他社に比べ加入した際の初期費用と工事費が高額であるため分割払いで契約しているケースが多いことが特徴ですが、ホームタイプの場合は3年、マンションタイプの場合は2年以内に解約した場合、残額を一括で支払う必要があります。

 

一般的にはキャンペーン価格で無料というケースが多いですが、実際は工事費相当額を月額料金から割り引いているだけなので、
期間満了前に解約すると残額を支払う義務が発生するので注意が必要です。

 

解約月の利用料金に関しては日割り計算で請求されますが、オプションに関しては日割りにならずに全額請求される点に注意しましょう。